初心者でも作曲できる!その②・タイムストレッチの使い方

cubase ai 9で用意したドラムのオーディオファイルのリズムが気になるな…

cubase ai 9のタイムストレッチの使い方

cubase ai 9を始められた方でオーディオファイルの音のズレが気になるなどでお悩みではないですか?

前のページで用意したオーディオファイルを複数のトラックと合わせた場合に生じたリズムのズレを解消するやり方・使い方を紹介していきます。

【cubase ai 9のタイムストレッチの使い方】

  1. 準備するもの
  2. cubase ai 9のタイムストレッチで編集しましょう。
  3. cubase ai 9のタイムストレッチのまとめ

① 準備するもの

  1. cubase ai 9(パソコンにインストール済み)

② cubase ai 9のタイムストレッチで編集しましょう。

1、前のページでオーディオファイルを選びました。複数追加することができるのですが下記の画像のようにリズムが異なる素材が追加されるケースがあると思います。

cubase ai 9のタイムストレッチの使い方

2、そんな時はcubase ai 9のタイムストレッチを使って調整しましょう。下記の画像のように斜め矢印のボタンがあるので長押しします。そうすると「タイムストレッチしてサイズ変更」という項目が出てきますので選択してタイムストレッチが使える状態に設定します。

cubase ai 9のタイムストレッチの使い方

3、あとは先ほどのタイムストレッチで調整したいオーディオファイルをcubase ai 9上の他のトラックのリズムに合わせるような感じでサイズを調整していきます。調整後のイメージは下記です。

cubase ai 9のタイムストレッチの使い方

③ cubase ai 9のタイムストレッチのまとめ

  • 複数トラックを追加した時音のズレが気になるならタイムストレッチ

以上で「タイムストレッチ」の紹介を終わります。

前回の章はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする